縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の効果

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の効果

縮毛矯正はどこまでどんな効果があるのでしょうか?
効果は一度かけた場所は半永久的にストレートのままです。これはあくまでも「縮毛矯正をかけた部分」という意味です。髪の毛は新しい部分も生えてきますよね。その新しく生えてきた部分については縮毛矯正をしていないので生まれ持ったクセのままです。

そういうところでいうと、縮毛矯正の効果の持続期間というのは新しい髪の毛が生えてきてストレート部分を切りながらなくすまで、または癖の部分が目立つようになるまでと考えると個人差はありますが、数ヶ月かもしれません。しかし、髪の毛の伸びる速度は人それぞれだし、効果が無くなったなと感じるのも人それぞれです。持続期間は各々が決めるものかもしれませんね。一度自分で試してみてく効果を実感してください。

だいたい美容師さんが言うには「皆さん半年から1年に1回施術する感じですよ」という方が多いです。湿気の多い梅雨時期にはクセが出やすいですから、梅雨前に一度施術してその後、半年に1回、または1年に1回という割合でかけていくといった感じがベストなのかもしれません。

自分で判断するのはなかなか難しいものだと思います。いつも行っている美容院で縮毛矯正をするのであれば、担当の美容師さんが髪の毛の伸びるスピードやクセの具合、髪質などを理解していると思いますので、縮毛矯正のやり方、ケアの仕方、効果の持続期間などよく相談してみてはいかがでしょうか?

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:部分的に縮毛矯正しよう

縮毛矯正で失敗しないために:部分的に縮毛矯正しよう

縮毛矯正と言うと髪の毛全体にかけるイメージがありますが、部分的にかけることも可能です。

通常部分的にかける場合は前髪にかける場合、伸びてきた部分にかける場合が多いと思います。
昔の縮毛矯正は部分的にかけるとかけているところとかけていないところの差がはっきりわかったのですが、最近は技術もすすみあまり差が分からないようになってきました。また、部分矯正を髪型の一部に取り入れるなどおしゃれでやる人もいます。

しかしこの矯正、全体的にやるにしても部分的にやるにしても自宅にて自分でやるよりは美容院できちんとやってもらった方がいいと思います。

何をするにもそうだとは思いますが、縮毛矯正をするときにもデメリットと言うのはもちろんあります。特に一番気になるデメリットは髪のダメージだと思います。

どんなに健康な髪の人でも縮毛矯正をすると少なからずダメージは受けると思います。縮毛矯正をする人の中でもそんなにクセが強くない人は無理をして縮毛矯正をかける必要はないと思いますし、そんなときこそ前髪だけとか部分的に縮毛矯正をかける選択をしてもいいと思います。

また髪への保湿性を高めたり、トリートメントやヘアケアなど心がけるのも縮毛矯正を持続させたりできる方法の一つだと思います。
以上のようなことからも髪の毛への負担を考えながら縮毛矯正するときは部分的にやったりするのもありだと思いますので担当の美容師さんとよく相談した上でかけることをおすすめします。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の種類

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の種類

縮毛矯正と言うと美容院で専門的な知識と技術で施術してもらうと言うのが一般的だと思いますが、その他に市販されている縮毛矯正用シャンプーを使ったり、縮毛矯正の薬剤を使用して自宅でやったりと言う方法もあります。こういう市販されているものは縮毛矯正の種類の一つなのでしょうか?

縮毛矯正の種類として最も一般的なのが「美容院」で行う縮毛矯正です。
美容院で行う縮毛矯正には種類があり「ブロー法」と呼ばれるドライヤーのブローでくせ毛を伸ばす方法の種類と「アイロン法」と呼ばれるアイロンの熱を利用してクセを伸ばす方法の種類の二つに大きく分けられると思います。
どちらの方法も最初に薬剤を使用してクセを柔らかくしてから熱を加えると言った手順を踏みます。
次に縮毛矯正用シャンプーという種類ですが、市販されている縮毛矯正の効果が得られるシャンプーなのですが、自宅で手軽にできると言うメリットがあります。しかし、即効性がないために効果が現れるまで個人差はありますが時間がかかります。ですからくせ毛を扱いやすくするためにはこのシャンプーを使うのがいいとは思いますが即効性を求めるなら美容院に行くことをおすすめします。

次に市販されている縮毛矯正剤を使用すると言う種類についてですが家で手軽にできると言うメリットの反面、素人技術なので思うような結果が得られないかもしれないと言うデメリットがあります。きれいに仕上げたいのであればやっぱり美容院に行って施術してもらうのが一番なのではないでしょうか。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とは

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とは

縮毛矯正と聞くとどういう印象をもつでしょうか?
ストレートパーマの延長だと思う人も多いかもしれません。

また、縮毛矯正と言うとピンと来なくても「Mr.ハビット」とか「リペア」とか聞くとちょっと分かる方もいるのではないでしょうか。

さて、この縮毛矯正とは一体なんなんでしょうか。簡単に言うと、薬剤と熱とアイロンで髪を一度溶かし、強制的に髪の毛をストレートにし、それを固定すると言うことです。その行程で行った髪の毛は半永久的にストレートになります。

くせ毛で悩んでいる人がこの縮毛矯正ではなくストレートパーマをかけたところ数日で取れてしまってまた元のくせ毛に戻ったと言う話をよく聞きます。
このストレートパーマと言うものは普通のパーマをかけていた人が元に戻す、パーマを落とすと言うときに使用するパーマなので、くせ毛をストレートにすると言うのは無理なようです。
ですからくせ毛をストレートにしてくれる縮毛矯正とは全然違うものになります。

また、縮毛矯正にはメリット・デメリットがありますので、施術前によく理解した上で行った方がいいと思います。

メリットはなんと言ってもそのストレートの効果とかけた部分は半永久的にストレートとか、毎日のお手入れの楽さではないでしょうか。デメリットは髪の毛へのダメージは少なからずあると言うことと、新しく生えてきた部分の髪の毛はくせ毛のままなので延びてきてクセが目立ってきたらまたかけなくてはならないと言うこと、美容院で施術するにはお金と時間がかかると言うことではないでしょうか。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とストレートパーマ

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とストレートパーマ

一般的にみたら縮毛矯正もストレートパーマもどちらも髪の毛をストレートにするのですから大差ないと思う人も多いかもしれませんが、縮毛矯正とストレートパーマは違います。
ではどういう風な違いがあるのでしょうか?大きな違いと言うとアイロンを使って熱処理をするかしないかの差だと思います。

ストレートパーマは髪の毛を薬剤で湿布し、その力でストレートにするというものです。
対する縮毛矯正は髪の毛のキューティクルを薬剤や熱を使って溶かしてアイロンを使ってまっすぐに伸ばし、薬剤と熱で固定させるものです。

このアイロンを使って髪の毛を伸ばす行為ですが、このおかげで髪に艶やストレート感を出すことができるので、普通のストレートパーマでもアイロンを使うところもあるようです。

クセがそんなに強くない人なら縮毛矯正よりストレートパーマの方がいいかもしれませんね。
ちなみにどんな方が縮毛矯正をやるのに向いているかと言うと、クセが強い人、髪の量が多い人、髪が広がりやすい人などが向いているかもしれません。
なぜかと言うと縮毛矯正をかけることによりボリュームもダウンするからです。

後、縮毛矯正を止めといた方がいい方は髪の毛が痛んでいる人です。薬剤とアイロンの熱で痛む可能性があるからです。そういった場合は美容師さんから止めといた方がいいと言われる可能性があります。


自分が施術できるかどうか、縮毛矯正かストレートパーマかなどは担当の美容師さんに相談して決めることをおすすめします。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正のメリット・デメリット

縮毛矯正に限らず、何をする場合でもメリットとデメリットがあると思います。
縮毛矯正をしようと考えている方はその事も踏まえた上で施術するようにした方がいいと思います。

まず、初めてやった方皆さんは多分縮毛矯正に感動するのではないかと思います。
なぜかと言うと手触りが断然に違うからです。髪の毛を手でさわるとツルツル、サラサラした感触を味わえます。
それよりいいと思えるメリットはなんと言っても手入れの楽さではないでしょうか。くせ毛だとスタイリングするのも一苦労だし、せっかくうまくスタイリングできても雨が降ればボサボサになったりうねりが出たりして崩れてしまいます。そういう心配が縮毛矯正をすると無くなりますのでイライラすることも無くなるし、スタイリングの時間も大幅に短縮することができます。

次にデメリットですが、縮毛矯正をするのにお金と時間がかかると言うことです。また、髪の毛が新たに生えてくればその部分はくせ毛のままなのでストレートの部分と差ができるということになります。

一番気になるデメリットは髪の毛が痛むことだと思います。美容院ではある程度トリートメントをしてくれますが、何回も施術するとその分薬剤も付けることになりますので結果痛むと言うことになります。

このように縮毛矯正にはメリットとデメリットがあります。上記のような事柄をよく理解した上で美容師さんと相談し、よい結果になるようにしていくのがいいと思います。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:男性の縮毛矯正について

縮毛矯正をすると言うと女性がやっているものというイメージがあるかもしれませんが、男性もやっています。

くせ毛で悩むのは男女関係ありません。今は髪の長い男性もたくさんいます。長くなれば悩みは女性と一緒でくせ毛に悩む人もいるはずです。そうすると考えてくるのが縮毛矯正です。

美容院はもちろん男性のお客様はたくさんいますし、縮毛矯正を実際にやってみて満足している人もかなりいます。

しかし、男性の場合女性に比べて頭皮が弱いです。これは男性ホルモンの影響なので仕方ないのですが。このせいでパーマや縮毛矯正などで髪の毛や頭皮が痛み、結果髪の毛が少なくなったような気がすると感じている方もいるようです。
そういう話を聞くと不安になると思いますが、美容院で美容師さんに相談をしてアドバイスを受けた上で決めるようにしてもいいと思います。
美容師さんにきちんと相談すると薬剤を少し弱めてもらったり、かけかたをボリュームがでるようにしてもらったりさまざまな対応をしてくれると思います。

また、これも男女問わずの話ですが縮毛矯正をするときの髪の毛の長さはトップが最低10センチ、耳回りや襟足は最低1センチあれば施術が可能なところが多いようです。長ければ長いほど施術しやすいのでいいとは思いますが短くても可能だと言うことが分かります。


男性でも最近では抵抗なく縮毛矯正の施術できると思いますのでぜひ美容師さんなどに相談してみてはいかがでしょうか?

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正での失敗

きれいになろうと美容院に行き、パーマを失敗したり、髪の毛を切りすぎたりして失敗してしまうと本当に憂鬱になりますよね。
こうなると元に戻るまで誰にも会いたくないなどと思ってしまったりする人も多いでしょう。

縮毛矯正にも失敗したという話をよく聞きます。
例えばストレートにはなったけど髪の毛がペタッとしすぎていてまるで海苔が貼り付いているかのようだったり、よーく見ると髪の毛がチリチリになっていたりという話を多く聞きます。

また、自宅で縮毛矯正をして思ったようにならなかったという場合も多いと思います。
自分で自宅とかでやる場合、髪の毛が痛んでいたりすると、髪の毛が薬剤や熱で溶けてしまったり、ゴムみたいになったりする可能性があります。

こういう失敗の理由ですが、髪の毛がペタッとしてしまった人の多くは髪の毛の量が少ない人が多いようです。今までクセでボリュームが出ていたものをクセが無くなることによりボリュームが無くなってしまいます。こういう場合には部分的に縮毛矯正をしてもらって適度にボリュームを残すようにしてもらいましょう。
どうするのがよい結果になるのか担当の美容師さんとよく相談をして決めてもらいましょう。

確実に失敗だと思った場合には1週間以内ならやり直してくれるとか何かしらアフターフォローがあると思います。また1週間位経つと自然にボリュームがでていい感じになる場合もありますので様子を見てみることも必要です。

失敗したなと思ったら遠慮せずに美容院に行って相談してみましょう。



失敗と感じたときは、もう一度美容院に行く事です。
勇気がいるし、面倒くさいかもしれませんが、プチ鬱になるよりいいですよ!

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正を長持ちさせるためには!

縮毛矯正をかけた人にとって、髪の毛の悩みというのは激減しますよね。くせ毛のままの時は雨がちょっと降っただけでも髪の毛がうねってしまったり、気が重くなったりしたものです。
しかし、縮毛矯正をかけてしまうと雨の日でもうねる心配がなくストレスも激減する人が多いようです。

しかし、このすばらしい効果が持続するのは大体2〜3ヶ月が目安ではないかと思います。縮毛矯正をかけたところは半永久的にストレートになるのでいいのですが、新しい髪の毛が生えてきたところは自分の元の髪質のくせ毛ですので、境目が不自然になってくると思います。長さ的に言うと1ヶ月1センチ伸びると考えてみると3ヶ月で3センチ、ちょうど目立ってくる長さですよね。

しかし、3ヶ月に1回縮毛矯正をかけているとお金がかなりかかって続かないですよね。そうならないためにも、効果が出来るだけ持続してくれるのが金銭的にも髪の毛の負担的にも助かるでしょう。

効果が持続するためには、トリートメントを毎日してみてください。
トリートメントは毎日してもいいものです。痛んだ髪の毛は治りませんが痛み度合いを和らげることは出来ます。このおかげで1ヶ月ほど効果が延びる可能性があります。ぜひ試してみてくださいね。
また、髪の毛を乾かすときにはマイナスイオンドライヤーなどを使って出来るだけ髪の毛をいたわってあげるようにしましょう。
あとは髪の毛を結び続けたり、帽子をかぶったりして痕をつけないようにしたり、施術後二日間は髪の毛を洗わないようにしてまっすぐな髪の毛を固定させるようにしましょう。これで少しは効果が延びると思います。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とくせ毛

少し昔は小中学生のパーマやカラーなど考えられなかった時代でした。天然パーマの子は証明書なんか持ってこさせられちゃったりして。

しかし、現在では小中学生でもカラーをやったりパーマをかけたりするなどして結構自由になってきているような感じがします。
その中でくせ毛や縮毛に悩まされている子も多く、縮毛矯正をしたいという方が増えてきました。

ではそのくせ毛や縮毛なのですが、どうすればなるのでしょうか?
くせ毛や縮毛はだいたい遺伝的な事が多いです。しかし最初はストレートでも突然毛質が変わってくせ毛や縮毛になることもあります。
突然変わるとは思春期におけるホルモンの影響、インスタント食品の多量摂取などの影響で突然くせ毛に変わることあるそうです。
こう書くと「ストレート→くせ毛」みたいな図式だけかと思いがちですが、「くせ毛→ストレート」という図式もあるようです。

くせ毛であることが嫌で小中学生のうちから縮毛矯正をかける人も最近では少なくありません。
逆にストレートの人がくせ毛風にしたいとニュアンスパーマをかける人もいますので本当に人それぞれ考え方などが違うなと思います。

今は昔みたいに「ザ・ストレート」というようなスタイルだけではなく、ストレートを強く出しているものや、あまりストレートになりすぎずにアレンジしやすくするとか悩みに合わせて様々な縮毛矯正の仕方があります。

くせ毛でもストレートでも悩みと言うのは尽きないと思います。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正をする時の美容院探し

くせ毛・縮毛で悩んでいる人で初めて縮毛矯正をするときに不安に思うことは「失敗」ですよね。縮毛矯正に限らず、信頼できる美容院や美容師さんを探すことは本当に大変なことです。

いつも行っている美容院で縮毛矯正を施術できたり、知り合いで成功例があったりするのであればすごくいいのですが、なかなかうまいことはいかないですよね。その場合には美容院探しから始めなければいけません。

一番確実なのは試しに色んな美容院に行ってみて自分に合っているところを探すことですがこれだと時間もお金もかかってしまいます。

最近では縮毛矯正が色々な美容院でできますが、初めてで不安な場合には縮毛矯正を専門としている美容院を探してみると早いかもしれません。縮毛矯正を専門としているのですからスタッフの技術も使用している薬剤も質がよいと思います。

次に普通の美容院でやりたい場合には「Hotpeppar」など地域限定の情報紙などを見るのもいいと思います。記事に縮毛矯正という文字があったり、キャンペーンなどで特典がもらえたりなどと金額的にも取っつきやすいようになっていると思います。

またインターネットなどで口コミを探してみたり、場所を特定して探してみたりして情報収集してもいいと思います。

高いお金と時間を使って施術してもらうのですから失敗は絶対にしたくないですよね。

そうならないためにもぜひ上記のような事を参考にしてみて、自分にあったよい美容院を探してくださいね。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正した後の注意点

縮毛矯正をした後、どうやってケアしていっていいか分からないと思ったことはないでしょうか?
髪の毛を洗っていいものかどうか、寝癖がついたらどうするのか、と思ったことはないでしょうか?

ケアをするのとしないのとでは持続する期間が断然に違います。
きちんと注意事項を守ってきれいな髪を持続させるようにしましょう。

例えばシャンプーですがストレートパーマをかけたとき「今日は髪の毛洗わないでくださいね」と言われた記憶はないでしょうか!
同じように縮毛矯正した日は洗わない方がいいと思います。
なぜかと言うと最終行程で薬剤を付けて髪の毛をストレートに固定させますがこの時髪の毛では酸化作用が起こります。しかしこんな短時間では固定しきれないため、空気との自然酸化も必要になります。ですから施術後すぐに髪の毛を洗ってしまうと固定が不十分となってしまいます。
髪の毛をきれいに仕上げるためです。その日は洗わないようにしましょう。

また、しばらくは髪の毛も結ばないようにしましょう。跡が髪の毛についた状態で固定されてしまう可能性があります。

一番大事なのはトリートメントをまめにする事です。市販されているよりは美容院に売っているやつの方がいいとは思いますが高いので市販されているものでも構いません。まめにトリートメントをするようにしましょう。
トリートメントをするしないでストレートの持続期間がぐっと長引きます。
また、ドライヤーもマイナスイオンが出るタイプなどできるだけパサつかないようにするように心がけましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の名前

縮毛矯正を扱っている美容院によくメニュー名として「ハビット」「リペア」など出しているのがありますが、この名前って実は縮毛矯正の薬液の名前なんです。多くの美容院ではこの薬液の名前をメニューとしてあげているところが多いです。

縮毛矯正にはたくさんの種類があるので、何が自分に合っているのか、何がいいのか個人差があるので一概にどれがいい縮毛矯正ですとは言えないのが現状です。

例えば「ハビット」について説明すると、ハビットは前からある縮毛矯正で、針金とか海苔みたいにまっすぐでペタッとしてしまう可能性があるので、かなり強いクセがある人におすすめの種類です。しかし、髪へのダメージも相当あるので注意が必要です。

「リペア」や「リシオ」などはハビットよりは自然な仕上がりが期待でき、艶もでます。

こうやって比較して書いちゃうと「リペア」などの方がいいのではないかと言う声が出てきそうですが、どちらがいいかなどは髪質によって変わる可能性もありますので、美容院で美容師さんに聞いてみるのがいいと思います。

あと、見極めですが料金もひとつの目安になります。だいたい2〜3万円位ですが長さによってばらつきがでます。

高いと感じるでしょうがあまり安すぎるのはかえって不安です。安いのにはそれなりの理由があるはずなので、気を付けるようにしましょう。

またどんな種類の縮毛矯正だとしても行った先の美容院の美容師さんとよく相談をしてから施術してもらうようにしましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正のいい点・悪い点

縮毛矯正をしようと思っている人にとって、縮毛矯正のいい点や悪い点など知りたい情報だと思います。ここで簡単ではありますが説明してみたいと思います。

【いい点】
縮毛矯正はストレートパーマやアイロンとは違います。施術後の髪の毛の状態はサラサラ・ツヤツヤで、ストレートも持続します。見た目、キューティクルもあるのできれいにそして若々しく見えます。
またドライヤーで簡単に乾かすだけで髪の毛をブラシで引っ張ったり伸ばしたりしなくても髪の毛がまとまります。
言ってしまえば形状記憶ヘアと言ってもいいでしょう。

毎日髪型が決まらず、イライラしていた人や、くせ毛で悩んでいた人などに最適な施術方法だと思います。毎日がきっと楽になりますよ。

【悪い点】
美容院で縮毛矯正するのには時間とお金がかかります。時間は3時間位覚悟してください。長い人、量が多い人だとさらに時間がかかります。
また金額ですがだいたい2〜3万円位かかります。部分矯正で1万円代と言ったところでしょうか。結構高いですよね。
美容院や美容師の技術によってはパツンとしたいかにも矯正しました的なできになる可能性があります。まるで金太郎みたいな感じです。
後は新しく生えてきたところと、縮毛矯正したところがクセの度合いによりますが不自然になる場合があります。しかし、今はちょっと前とは違い、ただストレートにするだけでなく毛先をまるめるということも出来るようです。

しかし、一番の欠点は髪の毛が痛むということでしょうか!美容院でもトリートメントや栄養分の補給はしてくれますが自分でも定期的にケアするようにしないとパサパサになります。

このようにいい点と悪い点を踏まえて自分にあった縮毛矯正をしましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とは!

ちょっと前、縮毛矯正と言う言葉が出たときにはかけたことを人に言えなかったり、施術してくれるところを探す方が大変だったりしましたが、最近では施術してくれるところも多くなり、言葉も知られてくるようになってきました。しかし、施術してみたいけど、したことが無い人にとってはまだまだ未知な部分が多いと思います。ここで、縮毛矯正とは何かご説明してみたいと思います。

まずは縮毛についてですが縮毛とは髪の毛一本一本がストレートではなく、よくみると微妙にうねっていたり縮れていたりして、乾かすとさほど気にしないけど、雨が降ったりして湿度が増すと収集つかないくらい広がってしまうというような髪の毛のことを指します。
よく間違えるのは天然パーマも縮毛なのでは?ということですがこれとは違います。

縮毛矯正とは簡単に説明すれと、上記で説明したような縮毛を薬剤と熱で一度溶かし、アイロンなどを使ってまっすぐにし、再度薬剤と熱で固めるというものです。

縮毛矯正にはある程度の髪の量がある人、長さがある人、あまりシャギーが入っていない人が適しているのではないかと思います。
縮毛がかなり強い人が矯正すると、施術直後はいいのですが新たに生えてきた髪の毛は縮毛ですので見た目的にギャップがあり不自然な髪型になります。そのために何度も施術すると言ったような感じになります。
シャギーがたくさん入っていると施術後その髪の毛がバサバサになる可能性があります。
ある程度髪の毛に量がないと施術後ボリュームがなく、ペタッとした印象になります。

ご自分の髪の毛の状態とよく相談をして施術してもらうようにしましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の効果

縮毛矯正の効果と言うのは持続性で、一度施術した髪の毛は半永久的にストレートのままだということです。
半永久的と言う言葉を聞くとすごく魅力的で一度施術したらくせ毛じゃなくなると言うようなイメージができますが、そんなことはありません。
なぜなら半永久的にストレートなのはあくまでも縮毛矯正をした部分の髪の毛であり、新たに生えてきた髪の毛にまでは影響しないと言うことなのです。
ですからだいたい施術してから3ヶ月くらい経つと新しい髪の毛のクセが目立ち始めますのでまた施術が必要になりと言うことになります。
だからと言って3ヶ月に一度のペースで縮毛矯正をしていたので髪の毛が傷んでしまうし、お金もかなりかかってしまうので大変です。
クセや伸びる早さには個人差がありますので一概には言えませんが縮毛矯正をかけるサイクルはだいたい3ヶ月から半年と言うのが一般的だと思います。場合によってはクセをいかしながら施術するとか生えてきた部分だけ縮毛矯正するとか色々方法があり、全体的に縮毛矯正をするサイクルだけで言うとさらに長くなるかもしれません。

また縮毛矯正をした後のケアをするかしないかでも効果の持ち方は変わってくると思います。それに施術後に生えてきた髪の毛は今までのクセより強くなっている場合もあるし、それも個人差があると思います。
効果のほどやダメージの具合など美容師さんによく相談した上で施術してもらうのがいいと思います。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:自宅で縮毛矯正はできるのか!

縮毛矯正は時間もお金もかかるし、自分でできないものかと思う人はたくさんいると思います。美容院に行きたいけれど時間がないなと思ってついつい行かずじまいになっている人もたくさんいます。

結論から言うと自宅で縮毛矯正はできます。市販されているストレートパーマやカラーの薬剤のように縮毛矯正も自宅用として市販されています。それを使用すると美容院に行くよりも格段に安い金額で縮毛矯正ができるということになります。

デメリットとしては所詮素人がなんの技術力もなくやるので美容院でやるのとは仕上がりも、負担の大きさも、効果の長さも違うということです。まぁ美容師さんは皆さん練習して積み重ねた技術でお客様に施術しているのですから当然の話ですよね。

また、薬剤だけでなくヘアアイロンもネットなどで簡単に手に入れることができますが、使い方を間違えると髪の毛をすぐ痛めてしまう可能性がありますので注意が必要です。

美容院で施術する場合は、トリートメントや栄養分の補給など髪の毛の負担を最小限にするように処理してくれるし、薬剤も頭皮や地肌などに付けないように配慮もしてくれます。

トータル的に考えてみても自分でやる「安い」というメリットより、美容院でやる「安心」「確実」さを選んだ方が後々悲しい思いをしなくていいかもしれません。
自分でやって失敗したら次に髪の毛が伸びてきて切るまでの間、本当に憂鬱だと思います。

自宅で縮毛矯正はもちろんできますが、そのメリット、デメリットをよく考えてからやった方がいいと思います。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正を断られる場合

ちょっと前までは縮毛矯正をしたくても、自分はこんな状況だから断られるのじゃないかと不安に思っている方は大勢板と思います。実際に「男性の方」「妊娠中の方」「子供」「ショートヘア」の人たちは断られたという話を聞いたことがあります。

しかし、最近では男性でもショートヘアでも縮毛矯正が出来る美容院はたくさんありますし、髪の毛にボリュームを持たせた状態で仕上げることも可能です。しかし、この仕上がりだけは美容師さんの腕にかかっていますのでなんともいえないところですが・・・。

妊娠している方が断られるケースというのはたぶん美容師さんの配慮ということもあるかと思います。薬剤の臭いがきつく具合が悪くなる場合もあるからです。しかし今は自己管理さえしっかりできていて体調がよければ縮毛矯正は妊娠中でも可能ということが分かっています。

小さいお子様の場合は、ヘアアイロンを使うときに間違って動いてしまって火傷をさせてしまっては大変という美容院側の配慮というのもあります。

また、髪の毛が短いと薬剤をつけるのも大変だし、間違って皮膚につけてしまう可能性もあります。

そういう風に考えると、美容院側の都合が多いかもしれませんね。

最近では昔断られた人も縮毛矯正ができるように技術も、薬剤も進んでいる美容院が多いので、やってくれる美容院を探して施術してもらってもいいと思います。
諦めないで探して理想どおりの髪型を手に入れてみてはいかがでしょうか?

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正を失敗しないためには!

初めて縮毛矯正をするとなると失敗しないか、どんなふうになるのかとかなり不安になったりしますよね。

縮毛矯正での失敗と言うと髪の毛が不自然にペタッとなってしまったりとか、根本から折れてしまったために延びてきたところがはっきり段になってわかったりとか、髪の毛がチリチリになってしまったりとかあると思います。

もちろん信用できる美容師さんがいればいいのですが、そんなの分かりませんよね。
縮毛矯正を失敗しないために重要なことは、美容院選びさらに美容師選びだと思います。
美容師の技術力で失敗の有無が決まると思います。

ではどうやっていい美容院を探せばいいのでしょうか?一番いいのは自分の周りに縮毛矯正をした人がいれば参考になって安心して自分もその店に行けるのでいいんですが、なかなかいないですよね。また流行っている店なのか見極めたりネットなどの口コミでいい情報を仕入れたりするのもいい方法です。

最初から縮毛矯正だと心配という人はまずカットやカラーなど一回試しに行って店の雰囲気や実際縮毛矯正をしている人がいるかどうかなどリサーチするのもよいと思います。

また、施術前にしっかりカウンセリングをしてくれるところも重要です。

さらに縮毛矯正の作業を一人の人で行うか行わないかでもかなり違います。
アイロンで伸ばす作業の時に左右別の人がやると、仕上がりが左右で変わってしまって結果失敗ということになる場合があります。

作業自体は時間がかかるので何人かに分担して行いたいという美容院側の理由もわかりますが、できれば1行程1人というふうにしている美容院を見つけるのがいいと思います。
また、自信がある美容院だとアフターケアが万全のところがあります。そういうところも選ぶ判断基準になると思います。

しっかりリサーチして失敗しないようにしてくださいね。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:部分的な縮毛矯正はやってもいいの?

縮毛矯正は髪の毛全体にしなければいけないと言うものではありません。
自分が気になるところ、例えば「雨の日になると前髪のうねりが気になる」「右側はクセがないから左側の方だけ縮毛矯正したい」「前回全体にやったけど今回は新しく生えてきたところだけ縮毛矯正したい」など、要望は様々かと思います。
その要望に答えるように部分的に縮毛矯正をかけることは可能です。
髪の毛全体に縮毛矯正をするとストレートの髪型しかできませんし、元のクセが強い方だと新しく生えてきた髪の毛と差がはっきりと出てしまいますので不自然に見えてしまう可能性があります。
しかし、自分のクセを活かして前髪など気になる部分だけに縮毛矯正をすると自然な仕上がりが可能になります。

上記のように部分的に縮毛矯正をすることでより自然な仕上がりを楽しむことができますし、かける場所や長さにもよりますが料金も全体をかける場合に比べると少し安くなるというメリットがあります。

また最近はできないことはないと言うくらい何でもできて、縮毛矯正+カラーとか、部分的縮毛矯正+毛先だけデジタルパーマとかお好みにあわせて色々組み合わせることが可能です。カウンセリング時にどうしたいか美容師さんによく相談をした上で部分的か全体か決めても大丈夫です。

しかし、施術後の髪の毛の痛みは少なからずあると思いますので自分の髪の毛の状態を美容師さんとよく相談した上で施術してもらうようにしましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とは!

縮毛矯正と言うのはいったいどういうものなのでしょうか?
縮毛矯正とは文字通りくせ毛などの「縮毛」を「矯正」すること、つまりくせ毛を真っ直ぐなストレートにする事を意味しています。
髪の毛をストレートにすると言うと「ストレートパーマ」と同じではないかと思う方は多いと思いますが、縮毛矯正はストレートパーマとは違うものです。

では、なぜくせ毛は矯正をしないとストレートにはならないのでしょうか?

くせ毛の人の髪の毛穴はいびつな形をしています。その毛穴から髪の毛が生えてくると断面もいびつになり伸びてくるとねじれたり、うねったりしてくるようになります。これがくせ毛です。
しかしストレートの人は毛穴自体が丸いため生えてきた髪の毛も断面が丸いため障害がなく真っ直ぐ伸びてきます。
断面が丸いので櫛通りもいいし、手触りもサラサラだと言うことになります。

縮毛矯正とは毛穴を丸くするのは無理ですが今ある髪の毛のいびつな断面を薬剤と熱で丸くし、結果ストレートにする事です。

イメージですが曲がってしまっていびつな形をした針金を元の形のストレートにしようとした場合、真っ直ぐにしようと色々いじりすぎると折れちゃったりしてかなり大変だと言うことがお分かりになると思います。しかも相当な負担も針金にかかることになります。
同じように髪の毛も縮毛矯正という手段で真っ直ぐにするのですから髪の毛への負担はかなりあります。しかし、最近の縮毛矯正は技術も薬剤も進歩しているため、以前ほど髪の毛への負担はかからなくなってきています。

今では認知度も上がってきているため縮毛矯正を受けられる美容院も増えてきているし利用する人も老若男女関係なく増えてきています。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正した後のケア

縮毛矯正は髪の毛が痛みます。美容院でもタンパク質などが入っている栄養材を使ったり、髪の毛が痛まないようトリートメントしたりしてある程度痛みが最小限で収まるようにケアはしてくれますが、施術後は髪の毛はどうしても痛みやすいので髪の毛をケアしてあげることが必要になってきます。

またそのヘアケアの仕方によってはストレートが持続する時間や、手触りやサラサラ感などに大きく差がでてくると思います。いかにヘアケアが大事かにかかっていると思うので、出来る範囲で頑張ってみましょう。

では施術後に注意する事やヘアケアについて記述してみたいと思います。

【施術後すぐに髪の毛を結ばない】
矯正後すぐに髪の毛を結んだり、耳にかけたりしてしまうとそのあとが髪の毛に付いてしまいます。できるだけ施術後1日は髪の毛を洗わないようにしたり、跡が付いたりするような事をしないようにしましょう。

【きちんと髪の毛を乾かす】
これは縮毛矯正に限った話ではありませんが、髪の毛を洗ったあとに自然乾燥したり、乾かさないで寝てしまったりすると髪の毛や頭皮によくありません。きちんとドライヤーで乾かすようにすることもヘアケアには大切な事です。
それに濡れたまま寝てしまうと髪の毛にそのクセが付いてしまう事にもなりかねません。せっかくきれいにストレートにしたのですから寝癖が付いてしまうともったいないですよね。
更に乾かすときの注意ですができるだけドライヤーを使うようにしましょう。更にストレートにしようとアイロンなんか使ってしまうと髪の毛が傷んでしまうので注意してくださいね。

【トリートメントをする】
縮毛矯正した後の髪の毛は栄養分が足りなくなっているためにパサついたり痛んだりしてしまう可能性があります。そうならないよう栄養分が入ったトリートメントなどを十分にしてあげるようにすることも大切です。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正のメリットとデメリット

くせ毛の人の髪の毛をストレートにしてくれる夢のようなもの「縮毛矯正」!しかし、よいことばかりではなく当然デメリットもあると思います。施術してもらう前にこのメリットとデメリットをよく理解しておき、それでメリットのほうが自分には合っていると思ったら施術してもらうようにするのはいかがでしょうか?

【メリット】
・縮毛矯正した箇所は半永久的にストレートのまま
・外見が若々しく見えるようになる
・くせ毛のときのようにスタイリングに時間をかけなくても大丈夫になる
・髪の毛に艶がでる
・さらさらになる
・雨の日でも広がったりしない
・髪の毛全体ではなく、部分的に(新しく生えてきた部分)縮毛矯正をかけることも可能
思いつくメリットをあげてみましたが、最大のメリットは施術したところは半永久的にストレートのままということではないでしょうか?

【デメリット】
・ダメージを受けやすい(切れ毛や抜け毛など)
・新しく生えてきた髪の毛はストレートではないので生えてきた部分との差が出てしまう
・使用する薬剤によっては新しく生えてきた髪の毛のクセが強くなっている場合がある
・技術者によりますが、髪の毛がストレートになりすぎて外見が不自然になる場合がある。
・技術者によりますが、髪の毛がぺたっとしてしまう場合がある
・費用が比較的高い
・施術時間が長い


昔はいかにも縮毛矯正しましたといったような不自然さがありましたが、最近では技術も向上していますのでメリットのほうが大きくなってきています。施術する前にメリットとデメリットをよく比較してから施術するようにしましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とストレートパーマはどう違うのか!

くせ毛の方が一度は試したことがあるかもしれないストレートパーマ!
しかし、施術した次の日に髪の毛洗ったらもう元に戻っているなど苦い経験をした人は少なくないはずです。

今は縮毛矯正なんて言うくせ毛の人にとっては夢のようなパーマがあります。

どちらの方法も髪の毛をストレートにするものです。ではこの縮毛矯正とストレートパーマの違いと言うのはなんなんでしょうか?

【ストレートパーマ】
例えばパーマをかけた人がパーマを落として本来の自分の髪質に戻したいときなどに適しているパーマです。どちらかというとくせ毛の人より直毛の人に向いていると思います。
もちろんくせ毛の人でも自分のクセを活かしたいときにはストレートパーマでもいいです。
くせ毛の人がストレートパーマをかけると時間が経つとくせ毛に戻ってしまうためストレートの持続時間は短いです。

【縮毛矯正】
薬剤とヘアアイロンを使用し、くせ毛をストレートにします。効果は施術した部分に関しては半永久的にストレートなのでくせ毛の人がストレートヘアを楽しみたいときに向いていると思います。
ですから直毛の人がパーマを落としたいときには本来が直毛なので縮毛矯正じゃなくストレートパーマで充分でだと思います。

上記のようにストレートパーマと縮毛矯正はまったくの別物であることがわかるかと思います。

ご自分の髪質と相談した上でどちらを施術するかメリットデメリットをよく考えて決めてもよいかと思います。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の手順

縮毛矯正にはたくさん種類があったり、手順も美容院によって違ったりするかもしれませんが、大体以下のような手順で行われることが多いです。以下に手順を説明してみます。

【1.予約】
急に美容院に行って施術をしてくださいとお願いしても3〜5時間ほどかかる場合が多いですので出来ない場合があります。予め予約をしておきましょう。

【2.カウンセリング】
美容院に行ったらカウンセリングを受けます。アレルギーの有無や髪の毛の状態など色々聞かれます。このときに不信な点や疑問点があったら聞いておきましょう。

【3.シャンプー】
シャンプーをして、髪の毛にたんぱく質などの栄養分を補給するなどダメージを抑えるための前処理を行います。

【4.前処理】
髪の毛の生え際にクリームを塗り、薬剤が肌につかないように処理してくれます。

【5.1剤を塗布】
髪の毛に1剤を塗布します。

【6.薬剤の浸透】
頭にラップを巻くなどして熱を加え、薬剤を髪の毛に浸透させます。

【7.流す】
1剤を洗い流します。

【8.アイロン】
ドライヤーで髪の毛を乾かし、アイロンを使って髪の毛を伸ばします。

【9.2剤を塗布】
髪の毛に2剤を塗布します。

【10.薬剤の浸透】
薬剤を浸透させ、洗い流します。(栄養分を補給する場合もあります。)

【11.ブロー】
工程がすべて終了したらドライヤーで乾かします。

この工程をすべて行うと大体3〜5時間ほどかかります。(髪の毛の量や長さによって時間に差はでますが)

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正には種類がたくさんある

縮毛矯正というのは現在たくさん種類があります。現在知られている縮毛矯正の種類をちょっと挙げてみると「Mr.ハビット」「リペア」「リジオ」「ウェーブコントロール」など挙げ切れないほどあります。成分に違いがあるのかと思って調べてみたところ、あまり違いがないようです。

ちょっと違いがあるとすると、以下のような感じです。
【1剤】
タイプ的には加温2浴式かコールド2浴式。チオグリコール酸のチオ系かシスチンのシス系。Phも8.5〜9あたりが一番多く、差も0.5〜1くらいしかありません。

【2剤】
臭素酸塩か過酸化水素水がほとんどです。差があるとすればパーマ特有の臭いが残らないような工夫をしているとか、独自に保湿力が高まるように成分を加えているとかする位です。

値段とかはあまり安くしているところはありませんが、大体1〜3万円位で施術してくれると思います。たまにキャンペーンで安くしているところはありますが、客引きか技術力UPのための練習代にするために安くしているところが多いかもしれません。

後、気をつけなければならないのが「当店オリジナル」「薬剤を調合してオリジナルでやっています」とか言っているところは注意してください。薬剤を勝手に調合するのは薬事法違反にあたります。ちゃんと薬剤師さんの資格を持っているとかオリジナルでやっているところはあります。きちんと調べてやってもらうようにしましょう。

縮毛矯正にはいろいろな種類がありますが、薬剤自体には差があまりない。施術方法にも大差はない。技術力だと思います。よい美容院や美容師さんにあたればどんな方法でも大丈夫だと思います。自分にあったところを探しましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の種類

縮毛矯正というと、くせ毛や縮毛をストレートにしてくれる施術方法です。使用する薬剤やアイロンなど熱を出すものなど美容院によって使用するものは若干異なります。昔は種類が少なかったのですが最近ではたくさんの縮毛矯正の種類があるようです。

たくさん種類があると行っても大きな作業工程の差はなく、原理もだいたい同じ感じです。ですから種類によって何か変わるというのはあまりありません。差があると言えば美容師の腕ということではないでしょうか。

美容師さんの技術次第で失敗するか成功するか決まるといってもいいと思います。ですから信用できる美容師さんや美容院を探すことが大切だと思います。

現在出ている縮毛矯正の種類は以下のように色々あります。
・Mr.ハビット
・リペア
・リシオ
・リメイク
・エフィカス
・リューレント
・ナプラ
などなどまだたくさんあります。

以上にあげた以外にもたくさん縮毛矯正の種類はあると思いますが、どの種類がいいかとかは、あまりありません。どれも大差ないと思います。それよりも信頼できる美容院や美容師で選ぶ事のほうがいいのではないでしょうかと思います。

また、自宅でできるように市販されている「縮毛矯正剤」など使用して自分で矯正をするようにすると美容院よりは値段も安く済むし、気楽に手軽に施術できると思います。しかし所詮素人がやることです。美容院のようにはうまくはなかなかいかないでしょう。ですから効果が低かったり、中途半端にストレートになったり、逆に髪の毛の痛みがものすごくなったりする可能性もあります。市販されている薬剤を使用する場合には注意事項など説明書をよく読んでから使用することが大切になります。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の仕組み

くせ毛の方にとっては夢のようなパーマである「縮毛矯正」。かけてみるとホントにサラサラストレートを実感できると思います。

どうやってくせ毛をストレートにするのかここで原理や仕組みを説明してみたいと思います。

縮毛矯正と言う言葉が出始めた時にはあまり種類が無かったかと思うのですが、現在ではたくさんの縮毛矯正の種類が存在します。
しかし、使用する薬剤やアイロンの使う使わないの差、手順に若干差はあるものの原理はどの種類でもさほど違いが無いのが現状です。

くせ毛の人の大半の髪の毛の表面は凸凹しています。縮毛矯正とは髪の毛の表面の凸凹を薬剤で溶かしアイロンの熱で髪の毛の形を固定、それが崩れないよう薬剤でコーティングすると言ったものになります。
こうするとくせ毛の髪の毛がきれいなストレートになると言ったようになります。

またアイロンを使う方が頑固なくせ毛でもストレートにできる可能性が高くなります。またアイロンを使わずドライヤーの熱を使う場合はアイロンより自然な感じを出すことができます。
だからと言ってアイロンを使うと不自然になるかと言うとそうでもなく、自然・不自然は技術者の腕次第と言った方がいいと思います。

上記のようなことから縮毛矯正をした髪の毛の部分は半永久的にストレートだと言うことになります。注意しなければならないのは新しく生えてきた髪の毛は本来の自分の髪質だと言うことです。
繰り返し矯正するのもいいですがダメージはあると言うことだけは認識しておいてくださいね。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とは!

縮毛矯正とは縮毛を矯正する行為のことを指しています。ストレートパーマと一緒にしている美容院もありますが、基本的にはストレートパーマと縮毛矯正は別物です。
シスチン結合というものを切断後、再結合しているものがストレートパーマです。また加水分解しているパーマを応用したものが縮毛矯正です。

現在色々な縮毛矯正の方法がありますが、だいたいは加水分解のパーマを応用したものでアイロンを使ったり、ドライヤーやスチーマー遠赤などの熱を利用したりして行うものです。基本的には使用している薬や道具はストレートパーマとは全然違うものになります。

加水分解には賛否両論がありますが、加水分解そのものはアルカリと熱をもってたんぱく質を分解することです。それをパーマに応用した場合保水性もあるのでしっとりとして艶も出すことができるというメリットもあります。

縮毛矯正の良し悪しは技術によって決まると思ってもいいと思うのですが、熱を入れすぎるとたんぱく質を溶かしてしまったり、変形させてしまったりしてしまいます。また薬剤の使い方も非常に重要で髪の毛を軟化させることが不足してしまうと、どんなに熱を加えても髪の毛が伸びません。また逆に軟化させすぎてしまうと熱を加えるとチリチリになってしまう可能性があります。

また、美容院で行ってクレームがあがるのに、髪の毛が折れてしまったというクレームが多くあがりますがこれは根元に薬がついてしまったことが原因です。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。