縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の効果

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の効果

縮毛矯正はどこまでどんな効果があるのでしょうか?
効果は一度かけた場所は半永久的にストレートのままです。これはあくまでも「縮毛矯正をかけた部分」という意味です。髪の毛は新しい部分も生えてきますよね。その新しく生えてきた部分については縮毛矯正をしていないので生まれ持ったクセのままです。

そういうところでいうと、縮毛矯正の効果の持続期間というのは新しい髪の毛が生えてきてストレート部分を切りながらなくすまで、または癖の部分が目立つようになるまでと考えると個人差はありますが、数ヶ月かもしれません。しかし、髪の毛の伸びる速度は人それぞれだし、効果が無くなったなと感じるのも人それぞれです。持続期間は各々が決めるものかもしれませんね。一度自分で試してみてく効果を実感してください。

だいたい美容師さんが言うには「皆さん半年から1年に1回施術する感じですよ」という方が多いです。湿気の多い梅雨時期にはクセが出やすいですから、梅雨前に一度施術してその後、半年に1回、または1年に1回という割合でかけていくといった感じがベストなのかもしれません。

自分で判断するのはなかなか難しいものだと思います。いつも行っている美容院で縮毛矯正をするのであれば、担当の美容師さんが髪の毛の伸びるスピードやクセの具合、髪質などを理解していると思いますので、縮毛矯正のやり方、ケアの仕方、効果の持続期間などよく相談してみてはいかがでしょうか?

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105177125

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。