縮毛矯正で失敗しないために > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とストレートパーマ > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とストレートパーマ

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とストレートパーマ

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とストレートパーマ

一般的にみたら縮毛矯正もストレートパーマもどちらも髪の毛をストレートにするのですから大差ないと思う人も多いかもしれませんが、縮毛矯正とストレートパーマは違います。
ではどういう風な違いがあるのでしょうか?大きな違いと言うとアイロンを使って熱処理をするかしないかの差だと思います。

ストレートパーマは髪の毛を薬剤で湿布し、その力でストレートにするというものです。
対する縮毛矯正は髪の毛のキューティクルを薬剤や熱を使って溶かしてアイロンを使ってまっすぐに伸ばし、薬剤と熱で固定させるものです。

このアイロンを使って髪の毛を伸ばす行為ですが、このおかげで髪に艶やストレート感を出すことができるので、普通のストレートパーマでもアイロンを使うところもあるようです。

クセがそんなに強くない人なら縮毛矯正よりストレートパーマの方がいいかもしれませんね。
ちなみにどんな方が縮毛矯正をやるのに向いているかと言うと、クセが強い人、髪の量が多い人、髪が広がりやすい人などが向いているかもしれません。
なぜかと言うと縮毛矯正をかけることによりボリュームもダウンするからです。

後、縮毛矯正を止めといた方がいい方は髪の毛が痛んでいる人です。薬剤とアイロンの熱で痛む可能性があるからです。そういった場合は美容師さんから止めといた方がいいと言われる可能性があります。


自分が施術できるかどうか、縮毛矯正かストレートパーマかなどは担当の美容師さんに相談して決めることをおすすめします。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。