縮毛矯正で失敗しないために > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の基礎知識 > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正での失敗

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正での失敗

きれいになろうと美容院に行き、パーマを失敗したり、髪の毛を切りすぎたりして失敗してしまうと本当に憂鬱になりますよね。
こうなると元に戻るまで誰にも会いたくないなどと思ってしまったりする人も多いでしょう。

縮毛矯正にも失敗したという話をよく聞きます。
例えばストレートにはなったけど髪の毛がペタッとしすぎていてまるで海苔が貼り付いているかのようだったり、よーく見ると髪の毛がチリチリになっていたりという話を多く聞きます。

また、自宅で縮毛矯正をして思ったようにならなかったという場合も多いと思います。
自分で自宅とかでやる場合、髪の毛が痛んでいたりすると、髪の毛が薬剤や熱で溶けてしまったり、ゴムみたいになったりする可能性があります。

こういう失敗の理由ですが、髪の毛がペタッとしてしまった人の多くは髪の毛の量が少ない人が多いようです。今までクセでボリュームが出ていたものをクセが無くなることによりボリュームが無くなってしまいます。こういう場合には部分的に縮毛矯正をしてもらって適度にボリュームを残すようにしてもらいましょう。
どうするのがよい結果になるのか担当の美容師さんとよく相談をして決めてもらいましょう。

確実に失敗だと思った場合には1週間以内ならやり直してくれるとか何かしらアフターフォローがあると思います。また1週間位経つと自然にボリュームがでていい感じになる場合もありますので様子を見てみることも必要です。

失敗したなと思ったら遠慮せずに美容院に行って相談してみましょう。



失敗と感じたときは、もう一度美容院に行く事です。
勇気がいるし、面倒くさいかもしれませんが、プチ鬱になるよりいいですよ!

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105177133

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。