縮毛矯正で失敗しないために > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の基礎知識 > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正を長持ちさせるためには!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正を長持ちさせるためには!

縮毛矯正をかけた人にとって、髪の毛の悩みというのは激減しますよね。くせ毛のままの時は雨がちょっと降っただけでも髪の毛がうねってしまったり、気が重くなったりしたものです。
しかし、縮毛矯正をかけてしまうと雨の日でもうねる心配がなくストレスも激減する人が多いようです。

しかし、このすばらしい効果が持続するのは大体2〜3ヶ月が目安ではないかと思います。縮毛矯正をかけたところは半永久的にストレートになるのでいいのですが、新しい髪の毛が生えてきたところは自分の元の髪質のくせ毛ですので、境目が不自然になってくると思います。長さ的に言うと1ヶ月1センチ伸びると考えてみると3ヶ月で3センチ、ちょうど目立ってくる長さですよね。

しかし、3ヶ月に1回縮毛矯正をかけているとお金がかなりかかって続かないですよね。そうならないためにも、効果が出来るだけ持続してくれるのが金銭的にも髪の毛の負担的にも助かるでしょう。

効果が持続するためには、トリートメントを毎日してみてください。
トリートメントは毎日してもいいものです。痛んだ髪の毛は治りませんが痛み度合いを和らげることは出来ます。このおかげで1ヶ月ほど効果が延びる可能性があります。ぜひ試してみてくださいね。
また、髪の毛を乾かすときにはマイナスイオンドライヤーなどを使って出来るだけ髪の毛をいたわってあげるようにしましょう。
あとは髪の毛を結び続けたり、帽子をかぶったりして痕をつけないようにしたり、施術後二日間は髪の毛を洗わないようにしてまっすぐな髪の毛を固定させるようにしましょう。これで少しは効果が延びると思います。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。