縮毛矯正で失敗しないために > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の基礎知識 > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とくせ毛

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とくせ毛

少し昔は小中学生のパーマやカラーなど考えられなかった時代でした。天然パーマの子は証明書なんか持ってこさせられちゃったりして。

しかし、現在では小中学生でもカラーをやったりパーマをかけたりするなどして結構自由になってきているような感じがします。
その中でくせ毛や縮毛に悩まされている子も多く、縮毛矯正をしたいという方が増えてきました。

ではそのくせ毛や縮毛なのですが、どうすればなるのでしょうか?
くせ毛や縮毛はだいたい遺伝的な事が多いです。しかし最初はストレートでも突然毛質が変わってくせ毛や縮毛になることもあります。
突然変わるとは思春期におけるホルモンの影響、インスタント食品の多量摂取などの影響で突然くせ毛に変わることあるそうです。
こう書くと「ストレート→くせ毛」みたいな図式だけかと思いがちですが、「くせ毛→ストレート」という図式もあるようです。

くせ毛であることが嫌で小中学生のうちから縮毛矯正をかける人も最近では少なくありません。
逆にストレートの人がくせ毛風にしたいとニュアンスパーマをかける人もいますので本当に人それぞれ考え方などが違うなと思います。

今は昔みたいに「ザ・ストレート」というようなスタイルだけではなく、ストレートを強く出しているものや、あまりストレートになりすぎずにアレンジしやすくするとか悩みに合わせて様々な縮毛矯正の仕方があります。

くせ毛でもストレートでも悩みと言うのは尽きないと思います。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。