縮毛矯正で失敗しないために > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の基礎知識 > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正した後の注意点

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正した後の注意点

縮毛矯正をした後、どうやってケアしていっていいか分からないと思ったことはないでしょうか?
髪の毛を洗っていいものかどうか、寝癖がついたらどうするのか、と思ったことはないでしょうか?

ケアをするのとしないのとでは持続する期間が断然に違います。
きちんと注意事項を守ってきれいな髪を持続させるようにしましょう。

例えばシャンプーですがストレートパーマをかけたとき「今日は髪の毛洗わないでくださいね」と言われた記憶はないでしょうか!
同じように縮毛矯正した日は洗わない方がいいと思います。
なぜかと言うと最終行程で薬剤を付けて髪の毛をストレートに固定させますがこの時髪の毛では酸化作用が起こります。しかしこんな短時間では固定しきれないため、空気との自然酸化も必要になります。ですから施術後すぐに髪の毛を洗ってしまうと固定が不十分となってしまいます。
髪の毛をきれいに仕上げるためです。その日は洗わないようにしましょう。

また、しばらくは髪の毛も結ばないようにしましょう。跡が髪の毛についた状態で固定されてしまう可能性があります。

一番大事なのはトリートメントをまめにする事です。市販されているよりは美容院に売っているやつの方がいいとは思いますが高いので市販されているものでも構いません。まめにトリートメントをするようにしましょう。
トリートメントをするしないでストレートの持続期間がぐっと長引きます。
また、ドライヤーもマイナスイオンが出るタイプなどできるだけパサつかないようにするように心がけましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。