縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の名前

縮毛矯正を扱っている美容院によくメニュー名として「ハビット」「リペア」など出しているのがありますが、この名前って実は縮毛矯正の薬液の名前なんです。多くの美容院ではこの薬液の名前をメニューとしてあげているところが多いです。

縮毛矯正にはたくさんの種類があるので、何が自分に合っているのか、何がいいのか個人差があるので一概にどれがいい縮毛矯正ですとは言えないのが現状です。

例えば「ハビット」について説明すると、ハビットは前からある縮毛矯正で、針金とか海苔みたいにまっすぐでペタッとしてしまう可能性があるので、かなり強いクセがある人におすすめの種類です。しかし、髪へのダメージも相当あるので注意が必要です。

「リペア」や「リシオ」などはハビットよりは自然な仕上がりが期待でき、艶もでます。

こうやって比較して書いちゃうと「リペア」などの方がいいのではないかと言う声が出てきそうですが、どちらがいいかなどは髪質によって変わる可能性もありますので、美容院で美容師さんに聞いてみるのがいいと思います。

あと、見極めですが料金もひとつの目安になります。だいたい2〜3万円位ですが長さによってばらつきがでます。

高いと感じるでしょうがあまり安すぎるのはかえって不安です。安いのにはそれなりの理由があるはずなので、気を付けるようにしましょう。

またどんな種類の縮毛矯正だとしても行った先の美容院の美容師さんとよく相談をしてから施術してもらうようにしましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105177138

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。