縮毛矯正で失敗しないために > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の基礎知識 > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正を断られる場合

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正を断られる場合

ちょっと前までは縮毛矯正をしたくても、自分はこんな状況だから断られるのじゃないかと不安に思っている方は大勢板と思います。実際に「男性の方」「妊娠中の方」「子供」「ショートヘア」の人たちは断られたという話を聞いたことがあります。

しかし、最近では男性でもショートヘアでも縮毛矯正が出来る美容院はたくさんありますし、髪の毛にボリュームを持たせた状態で仕上げることも可能です。しかし、この仕上がりだけは美容師さんの腕にかかっていますのでなんともいえないところですが・・・。

妊娠している方が断られるケースというのはたぶん美容師さんの配慮ということもあるかと思います。薬剤の臭いがきつく具合が悪くなる場合もあるからです。しかし今は自己管理さえしっかりできていて体調がよければ縮毛矯正は妊娠中でも可能ということが分かっています。

小さいお子様の場合は、ヘアアイロンを使うときに間違って動いてしまって火傷をさせてしまっては大変という美容院側の配慮というのもあります。

また、髪の毛が短いと薬剤をつけるのも大変だし、間違って皮膚につけてしまう可能性もあります。

そういう風に考えると、美容院側の都合が多いかもしれませんね。

最近では昔断られた人も縮毛矯正ができるように技術も、薬剤も進んでいる美容院が多いので、やってくれる美容院を探して施術してもらってもいいと思います。
諦めないで探して理想どおりの髪型を手に入れてみてはいかがでしょうか?

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。