縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正とは!

縮毛矯正と言うのはいったいどういうものなのでしょうか?
縮毛矯正とは文字通りくせ毛などの「縮毛」を「矯正」すること、つまりくせ毛を真っ直ぐなストレートにする事を意味しています。
髪の毛をストレートにすると言うと「ストレートパーマ」と同じではないかと思う方は多いと思いますが、縮毛矯正はストレートパーマとは違うものです。

では、なぜくせ毛は矯正をしないとストレートにはならないのでしょうか?

くせ毛の人の髪の毛穴はいびつな形をしています。その毛穴から髪の毛が生えてくると断面もいびつになり伸びてくるとねじれたり、うねったりしてくるようになります。これがくせ毛です。
しかしストレートの人は毛穴自体が丸いため生えてきた髪の毛も断面が丸いため障害がなく真っ直ぐ伸びてきます。
断面が丸いので櫛通りもいいし、手触りもサラサラだと言うことになります。

縮毛矯正とは毛穴を丸くするのは無理ですが今ある髪の毛のいびつな断面を薬剤と熱で丸くし、結果ストレートにする事です。

イメージですが曲がってしまっていびつな形をした針金を元の形のストレートにしようとした場合、真っ直ぐにしようと色々いじりすぎると折れちゃったりしてかなり大変だと言うことがお分かりになると思います。しかも相当な負担も針金にかかることになります。
同じように髪の毛も縮毛矯正という手段で真っ直ぐにするのですから髪の毛への負担はかなりあります。しかし、最近の縮毛矯正は技術も薬剤も進歩しているため、以前ほど髪の毛への負担はかからなくなってきています。

今では認知度も上がってきているため縮毛矯正を受けられる美容院も増えてきているし利用する人も老若男女関係なく増えてきています。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105177147

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。