縮毛矯正で失敗しないために > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の基礎知識 > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正した後のケア

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正した後のケア

縮毛矯正は髪の毛が痛みます。美容院でもタンパク質などが入っている栄養材を使ったり、髪の毛が痛まないようトリートメントしたりしてある程度痛みが最小限で収まるようにケアはしてくれますが、施術後は髪の毛はどうしても痛みやすいので髪の毛をケアしてあげることが必要になってきます。

またそのヘアケアの仕方によってはストレートが持続する時間や、手触りやサラサラ感などに大きく差がでてくると思います。いかにヘアケアが大事かにかかっていると思うので、出来る範囲で頑張ってみましょう。

では施術後に注意する事やヘアケアについて記述してみたいと思います。

【施術後すぐに髪の毛を結ばない】
矯正後すぐに髪の毛を結んだり、耳にかけたりしてしまうとそのあとが髪の毛に付いてしまいます。できるだけ施術後1日は髪の毛を洗わないようにしたり、跡が付いたりするような事をしないようにしましょう。

【きちんと髪の毛を乾かす】
これは縮毛矯正に限った話ではありませんが、髪の毛を洗ったあとに自然乾燥したり、乾かさないで寝てしまったりすると髪の毛や頭皮によくありません。きちんとドライヤーで乾かすようにすることもヘアケアには大切な事です。
それに濡れたまま寝てしまうと髪の毛にそのクセが付いてしまう事にもなりかねません。せっかくきれいにストレートにしたのですから寝癖が付いてしまうともったいないですよね。
更に乾かすときの注意ですができるだけドライヤーを使うようにしましょう。更にストレートにしようとアイロンなんか使ってしまうと髪の毛が傷んでしまうので注意してくださいね。

【トリートメントをする】
縮毛矯正した後の髪の毛は栄養分が足りなくなっているためにパサついたり痛んだりしてしまう可能性があります。そうならないよう栄養分が入ったトリートメントなどを十分にしてあげるようにすることも大切です。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。