縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の手順

縮毛矯正にはたくさん種類があったり、手順も美容院によって違ったりするかもしれませんが、大体以下のような手順で行われることが多いです。以下に手順を説明してみます。

【1.予約】
急に美容院に行って施術をしてくださいとお願いしても3〜5時間ほどかかる場合が多いですので出来ない場合があります。予め予約をしておきましょう。

【2.カウンセリング】
美容院に行ったらカウンセリングを受けます。アレルギーの有無や髪の毛の状態など色々聞かれます。このときに不信な点や疑問点があったら聞いておきましょう。

【3.シャンプー】
シャンプーをして、髪の毛にたんぱく質などの栄養分を補給するなどダメージを抑えるための前処理を行います。

【4.前処理】
髪の毛の生え際にクリームを塗り、薬剤が肌につかないように処理してくれます。

【5.1剤を塗布】
髪の毛に1剤を塗布します。

【6.薬剤の浸透】
頭にラップを巻くなどして熱を加え、薬剤を髪の毛に浸透させます。

【7.流す】
1剤を洗い流します。

【8.アイロン】
ドライヤーで髪の毛を乾かし、アイロンを使って髪の毛を伸ばします。

【9.2剤を塗布】
髪の毛に2剤を塗布します。

【10.薬剤の浸透】
薬剤を浸透させ、洗い流します。(栄養分を補給する場合もあります。)

【11.ブロー】
工程がすべて終了したらドライヤーで乾かします。

この工程をすべて行うと大体3〜5時間ほどかかります。(髪の毛の量や長さによって時間に差はでますが)

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。