縮毛矯正で失敗しないために > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の基礎知識 > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正には種類がたくさんある

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正には種類がたくさんある

縮毛矯正というのは現在たくさん種類があります。現在知られている縮毛矯正の種類をちょっと挙げてみると「Mr.ハビット」「リペア」「リジオ」「ウェーブコントロール」など挙げ切れないほどあります。成分に違いがあるのかと思って調べてみたところ、あまり違いがないようです。

ちょっと違いがあるとすると、以下のような感じです。
【1剤】
タイプ的には加温2浴式かコールド2浴式。チオグリコール酸のチオ系かシスチンのシス系。Phも8.5〜9あたりが一番多く、差も0.5〜1くらいしかありません。

【2剤】
臭素酸塩か過酸化水素水がほとんどです。差があるとすればパーマ特有の臭いが残らないような工夫をしているとか、独自に保湿力が高まるように成分を加えているとかする位です。

値段とかはあまり安くしているところはありませんが、大体1〜3万円位で施術してくれると思います。たまにキャンペーンで安くしているところはありますが、客引きか技術力UPのための練習代にするために安くしているところが多いかもしれません。

後、気をつけなければならないのが「当店オリジナル」「薬剤を調合してオリジナルでやっています」とか言っているところは注意してください。薬剤を勝手に調合するのは薬事法違反にあたります。ちゃんと薬剤師さんの資格を持っているとかオリジナルでやっているところはあります。きちんと調べてやってもらうようにしましょう。

縮毛矯正にはいろいろな種類がありますが、薬剤自体には差があまりない。施術方法にも大差はない。技術力だと思います。よい美容院や美容師さんにあたればどんな方法でも大丈夫だと思います。自分にあったところを探しましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。