縮毛矯正で失敗しないために > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の基礎知識 > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の仕組み

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正の仕組み

くせ毛の方にとっては夢のようなパーマである「縮毛矯正」。かけてみるとホントにサラサラストレートを実感できると思います。

どうやってくせ毛をストレートにするのかここで原理や仕組みを説明してみたいと思います。

縮毛矯正と言う言葉が出始めた時にはあまり種類が無かったかと思うのですが、現在ではたくさんの縮毛矯正の種類が存在します。
しかし、使用する薬剤やアイロンの使う使わないの差、手順に若干差はあるものの原理はどの種類でもさほど違いが無いのが現状です。

くせ毛の人の大半の髪の毛の表面は凸凹しています。縮毛矯正とは髪の毛の表面の凸凹を薬剤で溶かしアイロンの熱で髪の毛の形を固定、それが崩れないよう薬剤でコーティングすると言ったものになります。
こうするとくせ毛の髪の毛がきれいなストレートになると言ったようになります。

またアイロンを使う方が頑固なくせ毛でもストレートにできる可能性が高くなります。またアイロンを使わずドライヤーの熱を使う場合はアイロンより自然な感じを出すことができます。
だからと言ってアイロンを使うと不自然になるかと言うとそうでもなく、自然・不自然は技術者の腕次第と言った方がいいと思います。

上記のようなことから縮毛矯正をした髪の毛の部分は半永久的にストレートだと言うことになります。注意しなければならないのは新しく生えてきた髪の毛は本来の自分の髪質だと言うことです。
繰り返し矯正するのもいいですがダメージはあると言うことだけは認識しておいてくださいね。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105177154

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。