縮毛矯正で失敗しないために > 縮毛矯正で失敗しないために:部分的な縮毛矯正

縮毛矯正で失敗しないために:部分的に縮毛矯正しよう

縮毛矯正で失敗しないために:部分的に縮毛矯正しよう

縮毛矯正と言うと髪の毛全体にかけるイメージがありますが、部分的にかけることも可能です。

通常部分的にかける場合は前髪にかける場合、伸びてきた部分にかける場合が多いと思います。
昔の縮毛矯正は部分的にかけるとかけているところとかけていないところの差がはっきりわかったのですが、最近は技術もすすみあまり差が分からないようになってきました。また、部分矯正を髪型の一部に取り入れるなどおしゃれでやる人もいます。

しかしこの矯正、全体的にやるにしても部分的にやるにしても自宅にて自分でやるよりは美容院できちんとやってもらった方がいいと思います。

何をするにもそうだとは思いますが、縮毛矯正をするときにもデメリットと言うのはもちろんあります。特に一番気になるデメリットは髪のダメージだと思います。

どんなに健康な髪の人でも縮毛矯正をすると少なからずダメージは受けると思います。縮毛矯正をする人の中でもそんなにクセが強くない人は無理をして縮毛矯正をかける必要はないと思いますし、そんなときこそ前髪だけとか部分的に縮毛矯正をかける選択をしてもいいと思います。

また髪への保湿性を高めたり、トリートメントやヘアケアなど心がけるのも縮毛矯正を持続させたりできる方法の一つだと思います。
以上のようなことからも髪の毛への負担を考えながら縮毛矯正するときは部分的にやったりするのもありだと思いますので担当の美容師さんとよく相談した上でかけることをおすすめします。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:部分的な縮毛矯正はやってもいいの?

縮毛矯正は髪の毛全体にしなければいけないと言うものではありません。
自分が気になるところ、例えば「雨の日になると前髪のうねりが気になる」「右側はクセがないから左側の方だけ縮毛矯正したい」「前回全体にやったけど今回は新しく生えてきたところだけ縮毛矯正したい」など、要望は様々かと思います。
その要望に答えるように部分的に縮毛矯正をかけることは可能です。
髪の毛全体に縮毛矯正をするとストレートの髪型しかできませんし、元のクセが強い方だと新しく生えてきた髪の毛と差がはっきりと出てしまいますので不自然に見えてしまう可能性があります。
しかし、自分のクセを活かして前髪など気になる部分だけに縮毛矯正をすると自然な仕上がりが可能になります。

上記のように部分的に縮毛矯正をすることでより自然な仕上がりを楽しむことができますし、かける場所や長さにもよりますが料金も全体をかける場合に比べると少し安くなるというメリットがあります。

また最近はできないことはないと言うくらい何でもできて、縮毛矯正+カラーとか、部分的縮毛矯正+毛先だけデジタルパーマとかお好みにあわせて色々組み合わせることが可能です。カウンセリング時にどうしたいか美容師さんによく相談をした上で部分的か全体か決めても大丈夫です。

しかし、施術後の髪の毛の痛みは少なからずあると思いますので自分の髪の毛の状態を美容師さんとよく相談した上で施術してもらうようにしましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。