縮毛矯正で失敗しないために > 縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正のメリットとデメリット

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正のメリット・デメリット

縮毛矯正に限らず、何をする場合でもメリットとデメリットがあると思います。
縮毛矯正をしようと考えている方はその事も踏まえた上で施術するようにした方がいいと思います。

まず、初めてやった方皆さんは多分縮毛矯正に感動するのではないかと思います。
なぜかと言うと手触りが断然に違うからです。髪の毛を手でさわるとツルツル、サラサラした感触を味わえます。
それよりいいと思えるメリットはなんと言っても手入れの楽さではないでしょうか。くせ毛だとスタイリングするのも一苦労だし、せっかくうまくスタイリングできても雨が降ればボサボサになったりうねりが出たりして崩れてしまいます。そういう心配が縮毛矯正をすると無くなりますのでイライラすることも無くなるし、スタイリングの時間も大幅に短縮することができます。

次にデメリットですが、縮毛矯正をするのにお金と時間がかかると言うことです。また、髪の毛が新たに生えてくればその部分はくせ毛のままなのでストレートの部分と差ができるということになります。

一番気になるデメリットは髪の毛が痛むことだと思います。美容院ではある程度トリートメントをしてくれますが、何回も施術するとその分薬剤も付けることになりますので結果痛むと言うことになります。

このように縮毛矯正にはメリットとデメリットがあります。上記のような事柄をよく理解した上で美容師さんと相談し、よい結果になるようにしていくのがいいと思います。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正のいい点・悪い点

縮毛矯正をしようと思っている人にとって、縮毛矯正のいい点や悪い点など知りたい情報だと思います。ここで簡単ではありますが説明してみたいと思います。

【いい点】
縮毛矯正はストレートパーマやアイロンとは違います。施術後の髪の毛の状態はサラサラ・ツヤツヤで、ストレートも持続します。見た目、キューティクルもあるのできれいにそして若々しく見えます。
またドライヤーで簡単に乾かすだけで髪の毛をブラシで引っ張ったり伸ばしたりしなくても髪の毛がまとまります。
言ってしまえば形状記憶ヘアと言ってもいいでしょう。

毎日髪型が決まらず、イライラしていた人や、くせ毛で悩んでいた人などに最適な施術方法だと思います。毎日がきっと楽になりますよ。

【悪い点】
美容院で縮毛矯正するのには時間とお金がかかります。時間は3時間位覚悟してください。長い人、量が多い人だとさらに時間がかかります。
また金額ですがだいたい2〜3万円位かかります。部分矯正で1万円代と言ったところでしょうか。結構高いですよね。
美容院や美容師の技術によってはパツンとしたいかにも矯正しました的なできになる可能性があります。まるで金太郎みたいな感じです。
後は新しく生えてきたところと、縮毛矯正したところがクセの度合いによりますが不自然になる場合があります。しかし、今はちょっと前とは違い、ただストレートにするだけでなく毛先をまるめるということも出来るようです。

しかし、一番の欠点は髪の毛が痛むということでしょうか!美容院でもトリートメントや栄養分の補給はしてくれますが自分でも定期的にケアするようにしないとパサパサになります。

このようにいい点と悪い点を踏まえて自分にあった縮毛矯正をしましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!

縮毛矯正で失敗しないために:縮毛矯正のメリットとデメリット

くせ毛の人の髪の毛をストレートにしてくれる夢のようなもの「縮毛矯正」!しかし、よいことばかりではなく当然デメリットもあると思います。施術してもらう前にこのメリットとデメリットをよく理解しておき、それでメリットのほうが自分には合っていると思ったら施術してもらうようにするのはいかがでしょうか?

【メリット】
・縮毛矯正した箇所は半永久的にストレートのまま
・外見が若々しく見えるようになる
・くせ毛のときのようにスタイリングに時間をかけなくても大丈夫になる
・髪の毛に艶がでる
・さらさらになる
・雨の日でも広がったりしない
・髪の毛全体ではなく、部分的に(新しく生えてきた部分)縮毛矯正をかけることも可能
思いつくメリットをあげてみましたが、最大のメリットは施術したところは半永久的にストレートのままということではないでしょうか?

【デメリット】
・ダメージを受けやすい(切れ毛や抜け毛など)
・新しく生えてきた髪の毛はストレートではないので生えてきた部分との差が出てしまう
・使用する薬剤によっては新しく生えてきた髪の毛のクセが強くなっている場合がある
・技術者によりますが、髪の毛がストレートになりすぎて外見が不自然になる場合がある。
・技術者によりますが、髪の毛がぺたっとしてしまう場合がある
・費用が比較的高い
・施術時間が長い


昔はいかにも縮毛矯正しましたといったような不自然さがありましたが、最近では技術も向上していますのでメリットのほうが大きくなってきています。施術する前にメリットとデメリットをよく比較してから施術するようにしましょう。

縮毛矯正を失敗しないで行いたい方はこちら!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。